弊社のこと

弊社のこと


堀川観光バスでは輸送の安全確保のため、「安全最優先」・「法令順守」・「継続的改善」を社長から全役員および全従業員までが一丸となって取組んでまいります。

安全最優先による「安心」を
最低品質保証として実現する

― 輸送の安全に関する基本的な方針 ―
  1. (1)輸送の安全に関する基本的な方針を設定し、社内に周知します。
    1. ① 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全に主導的な役割を果たしてまいります。また営業所における安全に関する声に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
    2. ② 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Action)を確実に実施、法令など遵守した整備対策の継続、安全対策(クルーの健康管理、シートベルト着用徹底等)を不断に見直し、全従業員が一丸となって、業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
    3. ③ 輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。
  2. (2)安全方針の各社員の理解度などを内部監査などで定期的に把握します。
  3. (3)(2)の結果を踏まえ、1年ごとに見直し、(現行の安全方針の変更の必要性の有無を検討すること、周知方法を見直す等を含む。)を行います。

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、公益社団法人日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取組み状況について評価認定を行い、これを公表するもので、平成23年度から運用が開始されています。
これによって貸切バス利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするものです。本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。
※参照:公益社団法人日本バス協会ホームページ「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の概要

貸切バス事業者安全性評価認定制度のシンボルマーク

このマークは、貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、安全に対する取組み状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークです。
「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。日本バス協会によって行われる評価の結果、最も安全性が高いバス会社には、三ツ星が与えられます。
弊社では、2016年9月26日に 二ツ星を取得しています。
※参照:公益社団法人日本バス協会ホームページ「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の概要

PAGE TOP